ゴムの硬さ

ゴムの硬さは、硬度で表されます。
しかし、硬度は絶対的な基準ではありません。
基準としている考え方も複数あり、一概に硬度だけで表せるものでもありません。
表記方法も複数存在しており、多数の方法が使われています。

表記方法だけではなく、測定方法も複数存在しています。
表記や測定の方法が複数存在しているのは、硬い素材もあれば柔らかい素材もあるからです。
硬度は、デュロメータで計測します。
ゴム用とスポンジ用とでは、異なるデュロメータを使用して計測しています。
ゴム用は、タイプAと呼ばれるデュロメータです。
一方のスポンジ用には、複数のデュロメータが使われます。
計測する材質の硬さによって、デュロメータを使い分けているのです。
こうした複数の測定方法が使われているために、硬度は絶対的な基準ではありません。
相対的な基準にしかならないので、単純に比較することはできないのです。

製品を選ぶときには、ほかの材質の単位と同じように、信じ込むのはやめておきましょう。
硬度はあくまでも目安として、比較をしなければいけません。
硬度を比較するときには、目安であることを頭に入れて、表記方法も一つではないことを確認しながら、比較をしましょう。